2020/05/09 19:58

こんばんは、一馬書房です。営業自粛についてのご連絡が遅くなり、申し訳ありません。店主自身もここ一、二週間の間、体調を崩しておりまして、このような形となった次第です。例の病気ではありませんが、念のために、勤めている会社からお休みを貰いまして自粛生活を送っております。

さて、次回の一馬書房の営業再開についてですが、緊急事態宣言後の一ヶ月間はお店を閉めておりました。万が一のことがあってはならないので、自粛を行っていた訳ですが、緊急事態宣言は未だに解除されておらず、状況も未だ緩められる状態にはないと思っています。

連日のようにコロナ関連のニュースが流れる中で、いま本や書籍の入手が難しくなっているという記事をネットニュースで読みました。大型書店の中では再開している店舗もあるかもしれませんが、生活必需品としては括られなかった書籍は、本来ですと書店店頭で買い求められる在庫があるはずですが、外出に感染リスクがあるため、ECサイト、通販大手サイトでの需要が高まっている現状があると聞きました。

私自身も現在、ネット通販関連の古本を扱う会社に勤めているため、直前まで受注が伸び続けていることを知っていました。いま正に、オンラインを通じて本を必要とするひとがいるということを実感しております。

とはいえ、安易に自粛を切り上げることは古本の売り手としても、お客様に対しても双方に不誠実な形となってしまうのではないかと案じまして、このように自粛を延長しております。

緊急事態宣言の解除は五月末の見通しですが、当店の所在する大阪府では十四日を目処に解除の判断を行う、ということでこれをひとつの目安としたいと考えています。

いつまでも営業自粛を続けることは難しいですし、本を必要としているひとがいると分かっていながら、お届けすることができないのはとても歯がゆい思いがします。

宣言自体の解除は五月末迄であったとしても、いまこの時期に本を届けることに意味があると考えますので、当店の判断としましては5月17日にオンライン店舗の営業再開を予定しております。

発送の際には完全マスク着用で郵便局まで直行直帰、手洗い消毒を済ませ、商品について可能なものはすべてアルコール除菌を済ませた上でクリスタルパックの梱包、以前と変わらない形で古本をお送りできるように努めます。

営業を再開した場合、コロナウイルスの関係で、物流配送について遅れが出ることが予想されますが、その点につきましては改めてご留意いただきますよう、よろしくお願いいたします。

5月17日の営業再開まで、いましばらくお待ちくださいませ。

店主


(上記写真:5月17日以降に出品する商品を一足お先にご紹介。画像はサリンジャー生誕百周年記念映画として昨年制作された『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』のDVD。店主も昨年、劇場で鑑賞し、激しくお勧めする内容です。出品予定ですので気になる方はお楽しみに笑)