2019/12/20 21:16

こんばんは、一馬書房です。早いもので年の瀬ですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。今年で一馬書房の運営は二年目となりましたが、段々とコアなインターネット古本屋へと近づいている気がしております笑 店主の趣味全開のお店ではありますが、本年もお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。来年も、もちろん趣味全開で行きますので、これからもお付き合いいただける方はよろしくお願いいたします。

今年も身辺が目まぐるしく、何とか整理するように送ってきた日々ですが、執筆と仕事の合間を縫って書房の更新は続けて参りました。どちらかというと古本屋、というより、インターネット・アーカイブのような本店サイトに自然となってきました。

店主としましては、利潤を追求するようなお店ではなく、個人としてゆるりと長く、もの書きの方を応援できるような、ひっそりとしたネット古書店もありじゃないかと、この頃は思っています。隠れ家的な、もの書きのための古本屋が理想です笑

運営を行う中で、いまの時代にネットの古本屋だけで食べていく、ということには難しさをはっきり感じた一年でした。一方で、そういったお店だけがすべてではなく、本業を別に持ちながら、あくまでも個人のお店としてやっていくには、これほど本好きに恵まれた仕事もないんじゃないかと思っています。

本棚にはいまも在庫の本が並んでいます。いつか図書館のような部屋(書斎)で過ごすのが夢ですが、このお店がインターネット上の個人図書館のようになってくれたらいいなと、考えています。それで、一馬書房のサイトに訪れてくださったお客さんが頁を開いたときに、気に入った本があれば、ライブラリからいつでもお手元に届けられるように、そのご用意だけはこれからも続けていこうと思っています。

やっぱり私もアマチュアではありますが、一介のもの書きなので。もの書きの方と同じ目線で、ちょっとでも執筆に役立つような本を仕入れたり、情報共有ということで、古本のひとことコメントは続けていきたいと思っております。

(最近、ひとことコメントがひとことではなくなっている、という耳の痛い突っ込みを身内から貰いました汗)

今年は体調が思わしくない時期が多く、十月に突如お休みして皆様にご迷惑をおかけしたり、イベント事も出来ずにおりましたが、来年はまたオンライン・オフライン問わず、戻ってきて交流するようなことができればと願っております。寒くなって参りましたので、皆様もお身体にはお気をつけください。

※年末年始の休業についてですが、12月27日(20時まで)を本年営業の最終日とすることを予定しております。お正月シーズンは日本郵便で商品を配送することができないので、1月の第一週まではお休みといたします。2019年12月28日~2020年1月7日の期間が年末年始の休業日程の予定です。また次回のブログ記事でもお伝えいたします。

最後に、一馬書房からのプレゼント(?)ということで、クリスマス・セールをやります! 今年はほんとうに書房のイベント事が出来なかったので、せめてものお詫びセールです笑

こちらのクリスマスセールは、本日20日から本年最終日27日(20時)までの一週間限定で行います。各商品からピックアップして15%オフとなっております。気になっていた本があった方は、ぜひ覗いてみてくださいね。 

それでは、少し早いですが、メリー・クリスマス。よいお年を。

店主



(店主の机の本棚をちょこっと公開。何を考えているか、分かっちゃいますね笑)

〈一馬書房ひとこと営業日誌〉

今日はお休みだったので、谷町月一古書即売会の会場にお邪魔しておりました。毎回、こっそり会場に足を運んで、本棚の間をぐるぐる回るのですが、今日の会場はお客さんが多く、盛況ぶりを見せておりました。いつも寄っている寸心堂書店さんのブースを訪れると、偶然、店主さんがいらっしゃって久しぶりにちょっとだけ挨拶をして、本を買って帰りました。モディアノの本や、ナボコフの本など、海外文学、フランス文学が充実していて、僕はどちらかというと英米文学が好きな方なのですが、寄ってみて本を開いてみると惹かれるものがあったりして、行くたびに愉しみに本を眺めています。