君たちはどう生きるか 吉野源三郎著 (文庫本)

¥ 300

「君たちはどう生きるか」吉野源三郎著 岩波文庫(1982) 重版 339頁 状態:C(並下 ※線引きあり 僅かな折れ 小口天にヤケ)

 <梗概・引用>
 著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

 <店主・コメント>
 物語の主題はコペル君という名前の由来に籠められている。眼からうろこが落ちる読書体験とは正にこのことで、全編を通して読んだときに、自らの生き方に対する考えの甘さ、浅薄さに気が付かない訳にはいかなくなる。学生の頃、どこか疑問を抱きながらも、置き去りにしてきてしまった人生に対する純粋な問い、『自分はこれからどうやって生きていくのか?』。その問いに分かった振りをして生きて行かざるを得なかったひとにこそ読んで欲しい一冊です。学生の頃にこの本に出会いたかったですが、むしろこの本は大人が忘れてきてしまったものを思い出すためにあるようにも思えます。線引きのある本ですが、引いてあるところが実に的確なので、この本を誰かにお届けしたいと思い、商品頁に出しています。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料280円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。