父と子 ツルゲーネフ著 工藤精一郎訳 (文庫本)

¥ 200
¥ 250
20%OFF

「父と子」ツルゲーネフ著 工藤精一郎訳 新潮文庫 文庫本 357頁 重版 状態:B(並)

 <裏書き・引用>
 農奴解放前後の、古い貴族的文化と新しい民主的文化の思想的相克を描き、そこに新時代の曙光を見いださんとしたロシア文学の古典。著者は、若き主人公バザーロフに”ニヒリスト”なる新語を与えて嵐のような反響をまきおこしたが、いっさいの古い道徳、宗教を否定し、破壊を建設の第一歩とするこのバザーロフの中に、当時の急進的インテリゲンチャの姿が芸術的に定着されている。

 <店主・コメント>
 ”ニヒリズム”という言葉が広く世に知られることとなった元の作品。気になって調べてみると、この言葉を初めて使用したのがドイツの哲学者F.ヤコービで、『フィヒテ宛書簡』(1799)の中に収められているそう。この概念を論じた最も有名な哲学者は、勿論フードリヒ・ニーチェですが、ニヒリズムを文学という形で広めたのはツルゲーネフだった、というのが吃驚しました。文学と哲学は密接に繋がっている分野なので、そういう繋がりの糸を辿るのも面白いですね。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料280円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。