百年の孤独 G・ガルシア・マルケス (単行本)

¥ 1,850

「百年の孤独」G・ガルシア・マルケス著 鼓直訳 単行本 新潮社 重版 314頁 状態:B(カバーに経年ヤケ、シミ有り。本文良好)

<著者略歴・引用>
 ガブリエル・ガルシア=マルケスは1928年コロンビアに生まれる。ボゴタ大学法科中退。新聞や雑誌に関係し、カストロ革命成立とともに、その機関誌「ブレンサ・ラティーナ」紙に所属。のち文筆活動に専念。処女作は55年の『落葉』。『百年の孤独』は67年、アルゼンチンのスダメリカーナ社より出版。意表をつくイメージで、爆発的な人気を博し、欧米諸国で大きな反響を呼ぶ。75年、問題作『族長の秋』を発表。フェンテスや、バルガス・リョサと共に、新しいラテンアメリカ文学の担い手として活躍。
 

 <店主・コメント>
 マジックリアリズムの本場、ラテンアメリカ文学の巨匠・ガルシア=マルケスの代表作。世界文学のおすすめを聞くと必ず誰かが、この一冊を挙げます。魔術に満ち満ちた文章の数々をご覧あれ。100年の人間模様がただ一冊の中に詰まっています。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料280円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。