謎とき『罪と罰』江川卓著 (単行本)

¥ 500

「謎とき『罪と罰』」江川卓著 単行本 新潮選書 1986刊 重版 298頁 定価1200円 状態:B+(良好)

 <著者文・引用>
 精巧なからくり装置にもたとえられるこの小説の<謎とき>に打ちこめた三年間は、たいへん愉しい時間だった。何やらキーワードめいたものにぶつかって、その周辺を探りだすと、ドストエフスキーのテキストそのものが、私の予感を裏づけるような資料を次から次へと提供してくれるのだ。敬愛する偉大な作家と、想像力のいくぶんかでも共有できたかのように思えた瞬間――それは私にとってかけがえのない感動だった。(著者)

 <店主・コメント>
 目次には、「罰」とは何か、666の秘密、ペテルブルグは地獄の都市、13の数と「復活」神話――など、いかにも面白そうなものが勢揃いで並んでおります。ドストエフスキーの『罪と罰』に対して深い洞察を得たいひとにうってつけの本です。著者に対する丸谷才一さんの優れたコメントが裏書にありますので、以下掲載します。

 ロシア文学では江川卓がよく出来る。その評判は前々から耳にしていたけれど、疑り深いわたしは、ロシア語が出来るだけだろうと高をくくっていた。しかし、岩波新書の『ドストエフスキー』とこの「謎とき『罪と罰』」を読んで、予想がまったくはずれていたことがわかった。江川さんはどうやら、語学の才と文学の感覚の双方を身に備えた、つまりしっかりと読んで深く考えることのできる、理想的な外国文学研究者らしい。江川さんは紋切り型のドストエフスキーの肖像を焼き捨てて、彼の本当の姿を二十世紀の後半に生かす。深刻に硬直した『罪と罰』は現代人のための古典として相貌を改め、われわれが今ここで読むに価するものとなる。大事なこと、斬新な説がいっぱい詰まっているおもしろい本が、こんなにやさしく、わかりやすく書いてあるのは、不思議な話だ。(丸谷才一)

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM