• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

はつ恋 ツルゲーネフ著

「はつ恋」ツルゲーネフ著 神西清訳 文庫本 新潮文庫 1987改版 重版 137頁 状態:A(美本)

 <著者略歴>
 ツルゲーネフ(1818‐1883)
 ロシア中部の大地主の家に生まれ、母の領地スパスコエ・ルトビーノボ村で育つ。モスクワ大学、ペテルブルグ大学に学び、ベルリン大学に留学する。1843年に発表した長詩『バラーシャ』が激賞され、農奴体制化の農民の生活を描いた短編集『猟人日記』で不動の名声を得る。明治期の日本にもいち早く紹介され、近代日本文学に大きな影響を与えた。
 
 <梗概・引用>
 16歳のウラジーミルは、別荘で零落した侯爵家の令嬢ジナイーダと出会い、初めて気も狂わんばかりの日々を迎えるが、ある夜、ジナイーダのところへ忍んで行く父親の姿を目撃する……。青春の途上で遭遇した少年の不思議な"はつ恋"のいきさつは、作者自身の一生を支配した血統上の呪いに裏付けられて、不気味な悲しさを奏でている。恋愛小説の古典に数えられる珠玉の名作。

 <店主・コメント>
 ロシア文学の巨匠が恋愛小説を書くとこうなるのかと唸らざるを得ない作品。カバーは題名に合わせた可愛らしい装丁ですが、感傷的な小説とは明らかに一線を画しています。ツルゲーネフの半自伝小説とも云われ、作者が生涯で最も愛した作品。
 ※販売価格は100円ですが、送料を込みとすると本来の定価の340円(税別)を越えてしまうので、他の本との合わせ買いをおすすめします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 【日本郵便配送】

    主に、クリックポスト、レターパック、ゆうパックでの配送。

    全国一律 ¥ 200

ショップの評価

RELATED ITEM