• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

古書店 一馬書房

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

古書店 一馬書房

怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

「怖るべき子供たち」ジャン・コクトー著 東郷青児訳 角川文庫 1994年改版 重版 174頁 状態:B(並)

 <著者・略歴>
 ジャン・コクトー(Jean Cocteau 1889-1963) フランスの詩人、作家。少年時代から詩の才能を認められ、前衛の先端を行く芸術家達と親交を結んだ。詩、小説、批評、デッサン、演劇、映画などあらゆるジャンルの最先端を駆け抜けた天性のマルチ・タレント。

 <梗概・引用>
 未開で新鮮、善悪を識別することの出来ない子供たち。同性愛、盗み、虚偽、毒薬……無目的な混乱と不安定な精神が、やがて情熱へと発展し、悲劇的な死にいたるまでの姿を、鋭利な刃物のような言葉で描く小説詩。

 <店主・コメント>
 雪のような青白さの中に純粋な精神と狂気を併せ持つ弟・ポールと、燃え上がるような赤い嫉妬と愛情の奥に、悪魔のような顔を潜ませている姉・エリザベートの姉弟を描き、それに巻き込まれていく周りの人々の有様を浮かび上がらせるフィルムのような作品。架空の世界へと誘うように二人が造り上げた幻想の部屋は、いつしか現実とぶつかり合って、喪われていく予感を漂わせている。早熟の天才が手掛けた小説は、読み手をその研がれた感覚の中にいるように錯覚させ、彼らの部屋は確かに存在していたのだ、ということを読後にも感じさせる良作。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 【日本郵便配送】

    主に、クリックポスト、レターパック、ゆうパックでの配送。

    全国一律 ¥200

ショップの評価

RELATED ITEM