地獄の季節 ランボオ作 小林秀雄訳 (文庫本)

¥ 300

「地獄の季節」 ランボオ作 小林秀雄訳 
文庫本 岩波文庫(1970改版) 重版 123頁 状態:B(並 天のみヤケ)

 <梗概・引用>
 16歳にして第一級の詩を生み出し、数年の内に他の文学者の一生にも比すべき文学的燃焼をなしとげて彗星のごとく消え去った詩人ランボオ(1854-1891)。ヴェルレーヌが「非凡な心理的自伝」と評した散文詩『地獄の季節』は彼が文学にたたきつけた絶縁状であり、若き天才の圧縮された文学的生涯のすべてがここに結晶している。

 <店主・コメント>
 フランスの天才詩人、アルチュール・ランボオの胸の空くような怪作。日本では中原中也など数多くの詩人に影響を与えた。他の訳者の邦訳もなされているが、小林秀雄の才気迸る文章は全く類をみない。地獄の悪魔にでも愛されたような詩人が綴った肺腑を抉るような散文詩。地の底から見上げているような彼の眼には何が映っていただろう。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料280円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。