砂の本 ホルヘ・ルイス・ボルヘス著 (単行本)

¥ 400

「砂の本」ホルヘ・ルイス・ボルヘス著 集英社(現代の世界文学)単行本 
1980刊 重版 169頁 状態:B(並 カバ上部折れ跡 本文良好)

 <本文梗概・引用>
 これは真実だと主張するのが、いまや、あらゆる架空の物語の慣例である。しかしながら、わたしの話は本当に本当なのである……印刷は、人間の最大の悪のひとつでした。なぜなら、それは、いりもしない本をどんどん増やし、あげくのはてに、目をくらませ……わたしの分身は新奇な比喩の発明や発見を信じていた。わたしはといえば、身近で、自明な相似に対応する比喩、そして、われわれの想像力がすでに受け入れているような比喩を、信じていた。人間の老境と落日、夢と人生、時の流れと水……表題作ほか、粒よりの名短編。

 <店主・コメント>
 冒頭の物語『他者』は、正にボルヘスの十八番、マジックリアリズムそのものの文章です。【分身(fetch,waith of the living)=doppelgänger(ドッペルゲンガー)】を主題としたもので、彼の作品にはそういった不思議な出来事がさも当たり前のように起こっていて、読んでいてあれっという驚きと、舌を巻く博識の裏付けに、いつもボルヘスの世界に煙に巻かれるような思いがします。でも、物語というものは本来日常を描くことよりも、非日常の物事を描くことを常としてきたので、現実をベースとしていながら平然と魔術のような出来事が沸き起こってくる文章は、さながら目の前でタネの分からない奇術を見ているかのよう。表題作、砂の本が示すものも摩訶不思議な無限の世界。けれども物語の終わり方は、ちょっとチャーミングな老紳士としてのボルヘスが顔を出します。オススメ。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM