ダブリナーズ ジェイムズ・ジョイス著 柳瀬尚紀訳 (文庫本)

¥ 450

「ダブリナーズ」ジェイムズ・ジョイス著 柳瀬尚紀訳 文庫本 新潮文庫(2009) 391頁 重版 状態:A(美本 帯付き)

 <裏書き・引用>
 アイルランドの首都ダブリン、この地に生まれた世界的作家ジョイスが、「半身不随もしくは中風」と呼んだ20世紀初頭の都市。その「魂」を、恋心と性欲の芽生える少年、酒びたりの父親、下宿屋のやりて女将など、そこに住まうダブリナーたちを通して描いた15編。最後の大作『フィネガンズ・ウェイク』の訳者が、そこからこの各編を逆照射して日本語にした画期的新訳。『ダブリン市民』改題。

 <店主・コメント>
 帯にもありますように、孤高の天才翻訳者、柳瀬尚紀さんの画期的新訳版。文章を通して当時のダブリナーズの息づかいが聞こえてくるようです。日本語を自由に操り、情感たっぷりの会話文も、静かに人々の光景を描く地の文も、柳瀬さんの訳ならば存分に味わえます。キレのあるジョイスの翻訳は当代随一の名訳。丸谷才一さんと双璧をなす、もうひとりのジョイス翻訳者。おすすめです。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。