• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

『In the City 第6号(2012 Summer) シー・オブ・ラヴ』(ペーパーバック新書)

¥ 550

発行:ビームス(BEAMS) 発売:サンクチュアリ出版 2012刊(初版)277頁 状態:B -(古本として並の保存状態。本文良好。天地・小口に小ヤケあり。上部にわずかな折れ跡。表紙スレあり。ペーパーバックの性質上、コンディションを保つことが難しく並としてありますが、この判の本としては綺麗なものです)

<梗概>
新感覚文芸カルチャー誌『インザシティ』第6号。
巻頭特集1:カジヒデキ インタビュー『これが夢でも幻でも』
巻頭特集2:ITCギャラリー「カイマナヒラ」佐藤秀明写真館(70年代から80年代にかけての古き良きハワイの光景を収録した同作のショットを誌上で公開)
Wエッセイ:仲俣暁生「海辺で読書なんかするつもりじゃなかった」(海辺で読むべき文学とは? あるいは「文学の中のビーチ」とは)
大原ケイ「ニューヨーカーとロングアイランド物語」(グレートギャツビーの舞台を取材)
Etc...

<店主ひとこと>
夏に読んでみたいムック本。この手のタイプの本ってあまり知らなかったんですが、どうやらアパレル会社のビームスが出していた文芸誌のようです。珍しい。おすすめは仲俣暁生さんのエッセイ。漱石の『こころ』から保坂和志さんの『プレーンソング』に至るまでの流れを海辺の小説をテーマに紐解きます。大原ケイさんのエッセイはフィッツジェラルドの傑作『グレート・ギャツビー』の舞台、ロングアイランドの実情を赤裸々に語っています。小説も収録されていますが、やっぱりちょっとその時代の空気感がします。気軽にぱらぱら頁をめくりながら、浜辺の気分を感じてください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 【日本郵便配送】

    主に、クリックポスト、レターパック、ゆうパックでの配送。

    全国一律 ¥ 200

ショップの評価

RELATED ITEM