『悪童日記』アゴタ・クリストフ著 堀茂樹訳 (単行本)

¥ 400

『悪童日記』アゴタ・クリストフ著 堀茂樹訳 単行本 早川書房 1991刊 重版 244頁 定価1600円 状態:B+(良品 古本として綺麗な状態です カバーに僅かな経年ヤケのみ)

 <著者>
 アゴタ・クリストフ(Agota Kristof 1935-2011)

 アゴタ・クリストフはハンガリーのオーストリアとの国境に近い村に生まれ育ち、1956年のハンガリー動乱の折に西側に亡命して以来、スイスのヌーシャテル市に暮らしていた女性である。『悪童日記』は処女小説で、彼女はこれを直接フランス語で書き、1986年にパリのスイユ者から世に送り出した。さらに二年後の1988年、La Preuveという題で続編を発表し、『悪童日記』に瞠目した読者たちの期待をいささかも裏切らぬ創作力を示した。力量ある異色作家としての評価がヨーロッパ文学界で定着し、意外性に満ちた独創的傑作との評判が高い本書は、世界十数ヶ国で翻訳され、とりわけドイツやアメリカで多くの熱心な読者を獲得している。2011年没。

 <紹介文>
 ・『悪童日記』に寄せられた讃辞(引用)
 幼い子どもの無垢の眼をとおして深く病んだ世界が描かれているが、その酷薄な風景の中にも一つだけ贖罪の契機が見える。それは、地獄のような光景を前にして、見てみぬふりをするどころか、ひるまずに眼を見開く少年主人公たちの勇気だ。――ニューヨーク・タイムズ

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 日本郵便配送

    日本郵政配送(クリックポスト・レターパック等)配送料は一冊ごとに一律250円。

    全国一律 250円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM