『書きあぐねている人のための小説入門』保坂和志著 (単行本)

¥ 900

『書きあぐねている人のための小説入門』保坂和志著 単行本 草思社 2003刊 重版 218頁 定価1400円 状態:B+(良 古本として良好 帯付き)

 <概要>
 小説を書くために本当に必要なことは? 実作者が教える、必ず書けるようになる小説作法。

 この本はどう読めばいいのかといえば、少なくとも論理的・分析的には読まないでほしい。私は、この本で「小説とは何か?」「小説を書くとはどういうことか?」をかなりしつこく書いていくつもりだと言った。そのプロセスは、言葉を尽くす以上、ある程度論理的にならざるを得ないけれど、読者は、私の言うことをできるだけ直観的・感覚的に受け止めてほしいし、そう読んだほうがわかりやすいようになっているはずだ。誤解したり歪めてもいいから、その人なりの感覚で何かを感じとること。これが、小説を書くときにもっとも大切なことだからだ。(本文より)

 <著者>
 保坂和志(Kazushi Hosaka 1956-)
 
 1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部。90年、『プレーンソング』でデビュー。93年、『草の上の朝食』で野間文芸新人賞。95年、『この人の閾』で芥川賞受賞。97年、『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞を受賞。他の作品に『猫に時間の流れる』『カンバセイション・ピース』など、エッセイに『世界を肯定する哲学』『言葉の外へ』などがある。

 <店主コメント>
 小説家志望の方に最もおすすめしたい一冊。いまも文芸の第一線に立ち続けている保坂和志氏による文章読本。店主もこの本には大変お世話になりました笑 小説を書くとはどういうことか、保坂氏の考えを追いながら、文章を書くヒントを自分の手で見つけ出してください。この本は小説を書きたいと思うあなたを必ず助けてくれます。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM