『水曜の朝、午前三時』蓮見圭一著 (文庫本)

¥ 200

『水曜の朝、午前三時』蓮見圭一著 文庫本 新潮社 2005刊 重版 313頁 定価476円(税別) 状態:B+(古本として良好 帯付き 本文に僅かなシミあり)

<帯文・引用>
「もし、あの人との人生を選んでいたら……」1970年、万博の夏――。
四十五歳の若さで逝った女性翻訳家が、娘の為に遺した四巻のテープ。そこに語られる無残な恋、許されぬ過去、そして「ひとつの死」。誰もが何かを探していたあの時代が鮮やかによみがえる。追憶の光と影、切なさと歓びに涙がとまらない、感動の告白小説。

「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた。わたしは飛行機のなかで、涙がとまらなくなった」児玉清氏、絶賛! 

Wednesday morning, 3:00 a.m.

<梗概・引用>
45歳の若さで逝った翻訳家で詩人の四条直美が、娘の為に遺した4巻のテープ。そこに語られていたのは、大阪万博のホステスとして働いていた23歳の直美と、外交官を嘱望される理想の恋人・臼井礼との燃えるような恋物語だった。「もし、あのとき、あの人との人生を選んでいたら……」失われたものはあまりにも大きい。愛の切なさと歓びが心にしみるラブストーリー。

<店主ひとこと>
 作家・蓮見圭一氏のデビュー作にして、ベストセラー。児玉清氏推薦の当時の帯(文庫版)が付いており、ちょっと貴重かもしれません。現在は再版されていますが、これは再版前のものです。大阪万博当時の、夏の熱狂が文章で甦るよう。
 

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM