『破戒』島崎藤村著 (文庫本)

¥ 300

『破戒』島崎藤村著 文庫本 岩波文庫 2002改版 重版 440頁 定価700円(+税) 状態:A(美本)

 <著者・略歴>
 島崎藤村(1872-1943)
 詩人、小説家。本名、春樹。1891年明治学院卒業。93年北村透谷らと『文学界』を創刊。浪漫主義文学運動の渦中に身を投じ、青春彷徨の日を過ごした。97年近代詩の黎明を告げた詩集『若菜集』を出版。1901年の『落梅集』にいたる間、詩壇の第一人者として君臨。04年それまでの詩集の合本『藤村詩集』を刊。その後詩作を絶ち、06年小説『破戒』により自然主義文学の出発を導き、その後も『桜の実の熟するとき』『新生』を経て、『夜明け前』の大作を完成。36年ペンクラブ会長。40年芸術院会員。『東方の門』執筆中に急逝。常に新しいものへの情熱と知性の調和を失わない、求道者的作家であった。

 <梗概・引用>
 新しい思想を持ち、人間主義の教育によって不合理な社会を変えて行こうとする被差別部落出身の小学校教師瀬川丑松は、ついに父の戒めを破って自らの出自を告白する。丑松の烈しい苦悩を通して、藤村は四民平等は名目だけの明治文明に鋭く迫る。(解説=野間宏)

 <店主ひとこと>
 島崎藤村の代表作。藤村が詩作から小説へと転向した最初の作品。漱石は明治の作品として後世に伝えるべき名作として高く評価した。ドストエフスキーの『罪と罰』に構成が似ているという指摘がある。藤村はこの作品によって自然主義文学の旗を上げた。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM