『羅生門・鼻・芋粥・偸盗』芥川竜之介著 (文庫本)

¥ 150

『羅生門・鼻・芋粥・偸盗』芥川竜之介著 文庫本 岩波文庫 1960刊 重版 173頁 定価210円(現在価格562円)状態:B(並 シミあり)

 <梗概・引用>
 朱雀大路の荒れ果てた羅生門を舞台に展開する凄惨な人間絵巻「羅生門」、漱石が激賞した「鼻」、いずれも今昔物語・宇治拾遺物語などに素材を得たもの。どの作中人物も、作者の機知縦横の筆によって、現代のわれわれにきわめて身近な人間として描き出されている。ここに、芥川王朝物語の第一冊として編集した。

 <店主ひとこと>
 国語の教科書で誰もが眼にした『羅生門』や『鼻』をあなたは覚えていますか? 学生の頃、知らず知らずの裡に読んでいた物語を、大人になって再び読み返すと、当時では見えなかった景色や考えが浮かんでくることがあります。私は高校生の頃、国語科の先生が『羅生門』の続きを書く課題を生徒に出したことを未だに思い出します。翌週に生徒達がわら半紙一枚に書いた物語がひとつひとつ発表されました。行方の知れなくなった下人が帰ってきて、教室が笑い声に包まれたり、クラスの誰かが書いた、息を呑むような鋭い描写に思わずはっとしてしまう、そんな瞬間がありました。大人になって、読み返してみると、老婆がしていることは悪なのか、下人が老婆を裁くのなら下人を裁くのは誰なのか、この悪の連鎖は無限に続いていくのか、そういう考えに簡潔な物語で至らせてしまう芥川龍之介というひとの文学の底知れなさを、思いがけず知ったりします。教室はなくなったけれども、まだ授業は続いているのかもしれません。いつか現国の先生が云いました。君達が大人になった時に、この物語の続きをどう書くだろう、と。私たちの行方は誰も知らない。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • 文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

    文藝 2009年冬季号 特集 小説の書き方、読み方、愉しみ方 (文芸誌)

  • アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

    アクロイド殺し アガサ・クリスティー著 (文庫本)

  • 「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

    「死に至る病」キェルケゴール著 斉藤信治訳 (文庫本)

  • 「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

    「ヴァリス 新訳版」フィリップ・K・ディック著 文庫本

  • 怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

    怖るべき子供たち ジャン・コクトー著 (文庫本)

  • 創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

    創作の極意と掟 筒井康隆著 (単行本)

  • ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

    ある流刑地の話 フランツ・カフカ著 (文庫本)

  • 『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    『女生徒』太宰治作 佐内正史〔写真〕 (大判サイズ)

    4点購入し、届きました。対応や梱包ともに良く、また利用したいと感じました。ありがとうございます。

    この度は、レビューをご投稿いただきまして、誠にありがとうございます。お手元に届きました物語を楽しんでくだされば、幸いです。今後とも、お客様にとって身近に手を伸ばせる「本棚」のような古書店を目指し、営業を続けて参ります。また、ご購入時にコメント欄にてお言葉を賜りまして、大変嬉しく思いました。(店主)

  • 書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    書くことについて スティーヴン・キング著 (文庫本)

    丁寧な梱包と対応で、ショップオーナーの人柄が滲み出るここちよい買い物ができました。ショップの商品リストが更新されるたびに、購買欲が湧いてきます。また、利用させていただきます。ありがとうございました。

    この度は、古書店『一馬書房』にて商品をご購入くださり、誠にありがとうございます。お届けしました本が無事、お客様のお手元に届きましたようで安心しました。レビューを頂いて大変励みになります。一日一冊、新商品をアップしていくことを目標としておりますので、またいつでもいらしてください。(店主)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

RELATED ITEM